スーパーで購入する必要のない商品とは?

スーパーの便利なところは、1つの場所で必要なものが全て買い揃えられる事です。しかし、残念ながら特定の商品は、明らかに高い価格で売られています。雑誌やトイレットペーパー、台所用品などをスーパーで購入するのは簡単なことですが、だからと言って、他の場所より安く売られているとは限りません。1ヶ月の予算があまりない人や、お金の節約をしたい人は、この記事を読むことで、お得に日用品を購入することができるでしょう。

ドレッシングは家で作ろう

a couple bottles of newman's own salad dressing
Tom Williams/CQ Roll Call/Getty Images
Tom Williams/CQ Roll Call/Getty Images

スーパーに行くと、数えられないほどの種類のドレッシングを目にすることができます。一部の人々は、シーザードレッシングやイタリアンドレッシングがないと、サラダを食べることができないくらい中毒性が高い商品です。しかし、専門家によると、ドレッシングに対する価格があまりにも高すぎるという、指摘があります。

また、市販のサラダドレッシングは、通常多くの添加物が含まれており、価格も200円から1000円程するものまであります。しかし、ドレッシングは、自宅で簡単に手作りすることができます。レモン、オリーブオイル、コショウなどを使えば、わずか1ドル以下で美味しいドレッシングを作ることができます。

ペットフードは、大型店で買うべし

a small white dog eating dog food on the grass
Gavriil Grigorov/TASS via Getty Images
Gavriil Grigorov/TASS via Getty Images

どこのスーパーにも、1列か2列は、ペット製品を取り扱っている棚があります。ペットショップに行くのが面倒なので、愛犬への餌をスーパーで購入して済ませようとする人が多いかもしれません。しかし、長期的な視点で考えると、それは長続きする方法ではありません。日本ならコストコ、アメリカならターゲットなどで買った方が断然お得です。

それは、売られている量が大容量だからです。スーパーで購入したら、1500円くらいかかるペットフードも、大型店なら同じ価格で容量は、2倍から3倍です。

商品券の有効活用

two men and a teen girl sitting on a beach holding a gift card
Mark Rightmire/Digital First Media/Orange County Register via Getty Images
Mark Rightmire/Digital First Media/Orange County Register via Getty Images

商品券やギフトカードは、もらった人が自分の好きなものを、好きなように購入できるため、非常に喜ばれます。多くの場合は、好きなブランドの服を購入したり、レストランに食事に行ったり、電化製品を購入したりするでしょう。そして、全額商品券で決算することができるため、とてもお得な気分にもなります。

また、最近ではギフトカードをオンラインで使用することも可能です。この場合、スーパーでは、正規の値段で購入しなければいけない物も、お得な価格で購入できます。スーパーに行く前に、家のどこかに眠っているギフトカードや商品券を有効活用してみるといいかもしれません。

シュレッドチーズに隠された真実

a bowl of orange and white shredded cheese
Roberto Machado Noa/LightRocket via Getty Images
Roberto Machado Noa/LightRocket via Getty Images

チーズは、スーパーの食料品売り場でも、買う頻度の高い商品です。しかし、チーズのなかでも消費者が避けなければいけない商品があります。それは、シュレッドチーズです。これは、とても簡単で便利に使用できるかもしれませんが、その内部には驚くべき異物が混ざってる可能性があります。

アメリカでは、既製のシュレッドチーズを製造する会社が、袋の中身の50%は、木材パルプなど、チーズ以外のものを混ぜている傾向にありました。塊のチーズを購入して、家で削る方が、健康を考えると懸命です。

事前に生けられた花を購入する予定ですか?

a man looking at the pre-arranged flower selection in front of a store
Mohammed Elshamy/Anadolu Agency/Getty Images
Mohammed Elshamy/Anadolu Agency/Getty Images

スーパー内にある、置いてあるカラフルで素敵な花を無視することは、なかなか難しいかもしれません。スーパーで売られている花は、ちょっとした来客の時や、突然のプレゼントを用意しなければいけない時には、購入するのもいいかもしれません。しかし、スーパーで事前に準備されて生けられた花を買うのには、デメリットもあります。

スーパーに置いてあるお花は、花屋に置いてあるものより、新鮮さが低い傾向にあります。そのため、花屋で購入したものよりも、早く萎れてしまう可能性があります。もし、どうしても購入しなければいけない場合は、まだ花が開いていない、蕾のものを購入することで、長い時間鑑賞することができるでしょう。

電球を購入する場所

light bulbs strung out on a flat surface
Natasha Breen/REDA&CO/Universal Images Group via Getty Images
Natasha Breen/REDA&CO/Universal Images Group via Getty Images

スーパーには、食料品だけではなく、日用品も多く揃っています。その中には、もちろん部屋の電球も売っています。スーパーに買い物に行ったついでに、電球をいくつか購入するのは、とても便利だと思うかもしれませんが、できることなら他の場所で買うことをおすすめします。

コストコや家電量販店を活用することも出来ますが、多くの場合は、Amazonなどのオンラインで購入するほうが、かなりの確率で得することが多いです。また、わざわざ割らないようにスーパーから自宅まで運ぶ必要もないので、そのような面も考えると電球は、インターネット場で購入するのが賢い方法でしょう。

南国フルーツは、どこか違う場所で買おう

a woman looking at various types of exotic fruit at a market
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images

青果物のセクションには、旬によっては、様々な地域から取り寄せられた南国フルーツが陳列されていることがあります。これには、スターフルーツやメロン、キンカン、マンゴスチンなどが含まれます。 しかし、これらの南国フルーツをスーパーで購入しない方がいいのには、理由があります。

理由は、このフルーツを購入する人たちは、あまり多くない為、通常のフルーツや野菜より、長く陳列棚に置かれていることがある為です。長時間、店に並べられることで、どこか新鮮さに欠けてしまうのです。もし、このような南国のフルーツを食べたくなった場合は、近くの八百屋に行ってみてください。

ペットボトルのお水は、他の候補を考えよう

a hand reaching for bottled water in ice
Robert Alexander/Getty Images
Robert Alexander/Getty Images

ペットボトルの水をスーパーで購入するのは、シンプルな日常の一部です。しかし、この行動を消費者が考え直す理由は、実はたくさんあるのです。ペットボトルは、現在問題視されている海洋プラスチック問題の大きな原因の一つです。ペットボトルの水を購入するごとに、ゴミを増やしているということを考えなければなりません。

自宅で浄水器を使うか、ウォーターサーバーを導入するのが、この問題を解決する最も現実的な案になるでしょう。ペットボトルの水は、水道水をフィルターでろ過するよりも、約100倍の費用がかかります。外出先でも、水筒やおしゃれなボトルを持ち歩くことで、プラスチック問題の対策にも、こまめな水分補給が可能になります。

トイレットペーパーの購入には、他の方法を考えてみては?

a woman putting toilet paper on a holder in a bathroom
Craig F. Walker/The Denver Post via Getty Images
Craig F. Walker/The Denver Post via Getty Images

大量購入をした方が確実なお得な商品の一つに、トイレットペーパーがあります。スーパーには、通常少ないロール数に小分けされたトイレットペーパーが置いてあります。小分けにされているので、一見安く見えますが、単価にするとそうでもありません。

コストコなど大型倉庫店で大量購入するか、Amazonの定期購入にしておけば、いちいち注文しなくても、なくなる頃には次のトイレットペーパーが補充される仕組みを作ることができます。これで、もう何度もトイレットペーパーを、スーパーに買いに行かなくていいでしょう。

キッチン用品は、スーパーで買う必要なし

colorful spatulas on display at a store
Suzanne Kreiter/The Boston Globe via Getty Images
Suzanne Kreiter/The Boston Globe via Getty Images

スーパーには、調理器具や耐熱皿、そしてちょっと変わったお役立ち調理器具まで、様々なキッチン用品が並べられています。人々は、これをみながら新しい料理レシピを思いついたり、料理の時間を短縮できると思うかもしれません。

しかし、お金管理の専門家は、スーパーでキッチン用品を購入することは、その他の余計なものまでつい買い込んでしまう可能性が30%高くなると言っています。滅多に使わない調理器具は、100円ショップで似たような物を購入するか、ホームセンターのセールを狙って買いに行きましょう。

缶詰に隠された秘密をご存知だろうか?

canned beans
Fairfax Media via Getty Images
Fairfax Media via Getty Images

世界の人口の大半が、何か購入する際に利便性を求めています。その中でも、おそらくアメリカは、トップリスト入りだと思います。アメリカ人がその利便性を求めるあまり、お金を無駄にしている製品の一つに、豆の缶詰があります。

300gほどの入った缶詰の豆に対し、1Kgの乾燥豆を購入すれば、約1gあたり1ドルもお得になることがアメリカの調べではわかっています。乾燥豆と缶詰の豆の唯一の違いといえば、ただ豆が液体に浸されているかいないかの違いだけです。乾燥豆を煮るのは、以外にも自宅で簡単にできるのです。

冷凍パンケーキは、なぜ人気なのか?

a stack of pancakes on a plate with berries, mint, and glass jars of yogurt
Natasha Breen/REDA&CO/Universal Images Group via Getty Images
Natasha Breen/REDA&CO/Universal Images Group via Getty Images

日本では、そんなに頻繁に購入するものではないかもしれませんが、海外では冷凍パンケーキが、朝食にかなり人気。パンケーキに止まらず、フレンチトーストやワッフルなど、冷凍の小麦粉製品は、根強い人気です。しかし、これらの冷凍食品を好んで購入する人は、一度考えて欲しいのです。パンケーキを作るのに、一体どれだけの費用がかかっているのか。

家でシンプルなホットケーキを作る為には、少ない材料で低コストで簡単に作ることが可能です。もし、平日の朝に作る時間がなければ、空いた時間にまハチ めて作って冷凍しておくこともできます。そうすれば、解凍していつでも食べることができます。

誕生日カードなどを購入する為にお金を使わないで!

greeting cards displayed at a store
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images

スーパーは、一つの場所で様々なものが一気に揃うという利便性に長けています。しかし、その利点が時には、自分でも予想しない物にまでお金を使ってしまうことがあります。誕生日カードなどは、おそらく多くのスーパーで見かけることができる商品です。このカード類は、様々な場所に陳列されていて、意図していなくても購入してしまうことが多々あります。

この意図していない商品の購入をやめる為には、100円ショップなどで気に入ったものをまとめ買いしておくか、自分で手作りすることがおすすめです。スーパーなどに置いてあるカードは、他の場所の5倍することもあるので注意が必要です。

オムツの価格はだいたい高く設定されている

five people holding a box of diapers and standing in front of stacks of diapers
Terry Wyatt/Getty Images for Huggies
Terry Wyatt/Getty Images for Huggies

オムツを買う人というのは、乳幼児の両親というある特定グループに限られています。しかし、スーパーでは、約50%の母親層がオムツを購入しています。疲れ切っていたり時間がない親たちにとって、スーパーは、利便性が最も高い選択肢です。しかし、その事実により、だいたいのスーパーは、オムツの価格設定が高く設定されています。

しかし、スーパーでの購入の代わりに、こちらもAmazonなどの定期購入を検討するのがいいでしょう。オンラインショップなどの価格と比較すると、スーパーで購入する価格がかなり高いことが分かります。また、他のベビー商品と合わせて購入すると、お得になったり特典が付いてくる場合もあります。

電池は、お買い得品を狙おう

a bunch of different brands of batteries
Nail Fattakhov/TASS via Getty Images
Nail Fattakhov/TASS via Getty Images

日常を電池なしで生活するのは、まだ難しいでしょう。電池に頼っている製品は数多くあり、どこの家庭でも生活必需品だと言えます。何不自由なく揃っているスーパーでは、もちろん電池も小分けにされて売っています。しかし、これは最も賢い節約術だとは言えません。

3、4個入った電池をスーパーで購入するのは、ホームセンターやコストコから20個、30個入りのパックを購入するのにかかるコストとほぼ同じです。もし、これらの店舗の会員でない場合は、オンラインでも同じような値段で購入することができるでしょう。小分けで購入するのは、お金がかさむばかりです。

包装されていない商品は危険

unwrapped items
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images

スーパーで買い物をしていると、全ての商品が包装されていなことに気づきます。特に、青果物は、その代表です。しかし、包装されていない野菜等を、ショッピングカートに入れると、そこにある隠れた大量の細菌や、バクテリアに晒されてしまいます。

アリゾナ大学の調査によれば、ショッピングカートのハンドルのほぼ4分の3は、大腸菌で汚染されていることが分かりました。この菌から防ぐ方法は、無料で設置されているビニール袋を使用するか、エコバックを使用するかです。エコバックにも、細菌が付いている可能性があるので、帰ったら必ず洗うようにしましょう。

レジの前に置かれている雑誌

magazines on display at a grocery store
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images

スーパーで高値で売られている商品の一つに、雑誌があります。多くのスーパーでは、フィットネス関連や、エンターテイメント、料理関連の雑誌など幅広い分野が取り揃えられています。雑誌は、スーパーなどで購入されることを、一つの戦略としています。日本の場合、レジの長い列の間に、興味を惹かれて意図なく、買い物カゴに入れてしまう傾向があるからです。

衝動的に購入した雑誌は、1冊安くても500円ほどします。しかし、最近では、年間2000円前後で定期購読できるシステムがあります。また、図書館なら多くの雑誌が無料で読み放題です。

小分けのお菓子は、無駄遣い

snack-size bags of chips displayed in a store
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images

手軽に何か食べ物を購入するのに、スーパーに行くことは日常的によくありますよね。そして、小分けにされた食べ物や飲み物を購入してしまうことは、よくあることです。しかし、それこそがお金を無駄遣いしてしまう大きな罠なのです。

私たちが、小さく小分けされているお菓子を単体で買うのは、パーティパックなどの大入りのお菓子を買うコストに比べて、少なくとも50%ほど、多くお金を費やしてしまっています。バラエティパックなどの大入りのお菓子は、食べきれないと思うかもしれませんが、友人などと分ければすぐに食べ終えます。

魔法みたいな掃除用品

cleaning products arranged on a tile floor
Monika Skolimowska/picture alliance via Getty Images
Monika Skolimowska/picture alliance via Getty Images

掃除用品は、家庭には欠かせないアイテムの一つですが、スーパーなどで購入するのは、賢い方法ではありません。掃除用品は、100円均一などでも、同じような機能の製品がたくさん売っています。

大容量や強力な洗浄用品などは、売っていないかもしれませんが、それでも家庭の汚れは、十分落とせます。もしくは、酢や重曹、塩やレモンなどの自然食品を使用するのも、賢い掃除方法でしょう。

サラダバーからは遠ざかって

a woman putting together a salad at a salad bar
John MacDougall/AFP/Getty Images
John MacDougall/AFP/Getty Images

アメリカのスーパーなどでは、サラダバーが設置されているところが多くあります。しかし、その価格は驚くほど高価です。それは、サラダーバーを用意するまでにかかった人件費や手間なども含まれているからです。サラダを選択するのは、かなり健康的ですが、同じ栄養素を取り入れるには、他の選択肢もあります。

手間はかかるかもしれませんが、野菜コーナーに行って、同じ野菜を購入しましょう。家族分のサラダくらいなら、家で作っても大した手間とコストはかかりません。さらに、多くの人が触ったであろうサラダバーのトングの細菌から防ぐことも可能になります。

アルコールセクションは通り過ぎて

Customers look at bottles of red wine at Costco's first outlet in China
Tang Yanjun/China News Service/VCG via Getty Images
Tang Yanjun/China News Service/VCG via Getty Images

アメリカでは、全てのスーパーにアルコールが設置されているわけではありません。ビールとワインのみのところもあれば、アルコール類を全く販売していないスーパーもあります。そのため、スーパーにお酒類が置いてあるところは、基本的に価格帯が高く設置されている場合が多いです。日本の場合は、コンビニがその代表でしょう。

では、どうすればいいでしょうか?基本的には酒屋に行くのが正解です。酒屋なら、量は多いですが、単価を考えればスーパーで購入するよりも、はるかにお得に購入することが可能です。

歯ブラシは、妥当な値段では売られていない

An Indian customer looks at cheap toothbrushes sells for five Indian rupees on a cart at the roadside in Amritsar
NARINDER NANU/AFP/Getty Images
NARINDER NANU/AFP/Getty Images

もし、あなたが定期的に歯医者に検診に行ってる場合は、歯ブラシを購入する必要はないでしょう。歯医者への定期検診は、最低年2回は行くことをお勧めします。多くの歯医者では、治療や検診後に、歯ブラシを無料で提供してもらえます。そのため、わざわざ歯ブラシをスーパーなどで購入する必要はないでしょう。

もし、新しい歯ブラシが必要な場合は、ドラックストアか100円ショップに行くといいでしょう。ドラックストアでは、様々な種類の歯ブラシが販売されており、自分に合ったものを見つけることができますし、価格帯も比較的優しく設定されています。

特別な日のケーキはスーパーで購入しないで

Packaged cake from grocery store that says
Twitter/@jamiestarlynn
Twitter/@jamiestarlynn

最近では、スーパーでもクリスマスケーキやバースデーケーキの購入が可能です。しかし、その値段は、決して安くはありません。ピース売りされている場合は、高値で設定されていますし、ケーキ屋さんから購入するより、防腐剤が多く含まれていることが多いからです。特別の日のケーキなら、きちんとパン屋やケーキ屋で購入する方がいいでしょう。

もちろん、ケーキ屋のケーキが値を張るのは事実ですが、名前を入れてくれたり、特別なメッセージを描いてくれたりと、自分たちだけの特別なケーキを買うことができます。何にお金を使って、どこで節約するのかを正しく判断して、メリハリのある生活を心掛けられたらいいですね。

ベーキングミックスは廃止

A two year old girl cooking with her mum in the kitchen as mum prepares a bake mixture.
Tim Clayton/Corbis via Getty Images
Tim Clayton/Corbis via Getty Images

ケーキミックスや、マフィンミックスなどは、利便性の高いため販売されています。しかし、中身のほとんどは大差ありません。ほとんどが、小麦粉やベーキングパウダー、塩、などで作られています。これらの材料は、大体の家庭にもう既にあります。分量を測るのが面倒だからと言って、ベーキングミックスを購入するのは、賢い選択ではないかもしれないですね。

それよりも、少しこだわった小麦粉や強力粉を買って、味を進化させる方がいいかもしれません。大体のお菓子は、粉の質と作り方によって、味に変化が生まれます。ベーキングミックスを使って、お馴染みの味を楽しむより、自分で新たな発見をした方が楽しいですよ。

そのスパイス、本当に必要?

For the food section, As part of the kitchen tune-up, check spices for freshness.
Carlos Chavez/Los Angeles Times via Getty Images
Carlos Chavez/Los Angeles Times via Getty Images

アメリカでは、スパイスをボトルで購入しようとすると、とても高価なことがわかります。クミンの小さなボトルでも、500円以上はします。スパイスは、便利で料理には不可欠かもしれませんが、贅沢品とも言えるかもしれません。

もし、ほんの少しのスパイスを購入したければ、スパイスの量り売りコーナーに行く方が賢明でしょう。多くのスパイスは、一度使って、その後使わなくなることがほとんどです。少量でよければグラム売りの場所を利用しましょう。

スーパーのパーティー用品ってどう?

 Heart shaped balloons in a grocery store in San Diego.
Dünzlullstein bild via Getty Images
Dünzlullstein bild via Getty Images

メッセージカードもそうですが、パーティー用品などは、スーパーの副次的商品です。便利で手軽に購入できる為に、スーパーにも一部取り揃えられていますが、多くの場合は、高値で種類も少ないことが多いです。

その為、子供の誕生日の装飾が、他の家の子と同じだったなんて事態も起こり得ます。その自体を避ける為にも、100円均一で材料を購入して自作するか、パーティー専門店などで、珍しい物を購入する方がいいでしょう。しかし、パーティー用品は、大体一回しか使えないことが多いので、安く済ませることをおすすします。

コーヒーはどう?

Packages of coffee beans are displayed at Cal-Mart Grocery
Justin Sullivan/Getty Images
Justin Sullivan/Getty Images

多くの人は、コーヒーに目がありません。その為、どこの飲食店でも必ずメニューにあり、価格も高めに設定されています。スーパーでもこの傾向は否めません。もし、あなたが特定のコーヒーブランドのファンであれば、そのブランドのウェブサイトから直接購入する方がいいでしょう。スターバックスなら、ウェブサイトから購入できます!

スーパーでは、各ブランドから購入して、それを再販しています。その為、自動的に価格が高くなる傾向があります。もしくは、カプセル式のコーヒーマシーンを購入した方が、長い目で見たら、お得です。今は、たくさんの種類が出ているので、毎日飽きることなくコーヒー生活を楽しめるでしょう。

パンは、パン屋で

A customer choosing bread at a Pyaterochka supermarket
Artyom GeodakyanTASS via Getty Images
Artyom GeodakyanTASS via Getty Images

パンは、スーパーで最も購入頻度の高い商品の一つであり、値段もそんなに高くはありません。しかし、市販の食パンをスーパーで購入する頻度は、少し考え直してもいいかもしれません。日本だと最近では、スーパーにパン屋が併設しているところもあるので、以前よりは利便性が高まっています。

賞味期限の長い市販の食パンは、多くの添加物や防腐剤が含まれており、健康上問題視されています。ある調べでは、最大50日もカビの生えなかった食パンも売られています。食パンは、手軽ですが長い目で考えたら、スーパーで購入する食パンの頻度は、検討の余地がありそうです。

シャンプーやコンディショナーは、他の場所で買うべし

Customer chooses a Pantene shampoo in a supermarket.
Zhang Peng/LightRocket via Getty Images
Zhang Peng/LightRocket via Getty Images

最近では、シャンプーやコンディショナーなどのヘアケア商品も、スーパーでの購入が可能です。たまに、無料サンプルが付いてたり、値引きされていることもありますが、その機会以外は、スーパーでの購入は、あまりお勧めできないでしょう。

なぜなら、最近のドラッグストアでは、ポイント制度がかなり充実しています。もちろん、スーパーでもポイント制度はありますが、ドラッグストアの方が還元率が高いことが多いのが事実です。

砂糖を買う時は

Packages of Equal and Splenda artificial sweeteners are displayed at a coffee shop
Justin Sullivan/Getty Images
Justin Sullivan/Getty Images

実は、砂糖は大量に購入すると割安になる品の一つです。砂糖は、長持ちし、郵便でも安全に配達することが可能なため、オンラインでの注文には持ってこいです。もし、人工甘味料を使用しているのであれば、100円均一なども候補に入れるといいでしょう。

人工甘味料は、体に悪いのかという議論がありますが、これは一概に言えません。成分によっては、健康上のリスクを招くとも言われていますが、被害などは報告されていないので、許容摂取量をしっかり守れば、使用しても大きな問題にはならないかと思います。

お肉は塊肉をカットして

A man selling meat at the Guaicaipuro market.
Valery SharifulinTASS via Getty Images
Valery SharifulinTASS via Getty Images

多くのスーパーでは、シチューや他の料理にそのまま使えるように、カットされた肉が販売されています。これは一見、便利なようにも見えますが、シチュー用の肉は、大体安い部位で構成されています。また、パッケージ分の費用やカットした手間なども踏まえて、割高に設定されていることもあります。

おすすめの方法は、肉屋から新鮮な肉を購入し、カットしてもらうようにお願いすることです。大体の肉屋では、無料で好きな薄さにカットしてもらえて、家で高品質なお肉を食べることが可能になります。

シリアルは、保存しよう

A woman shops for Cheerios cereal at a Price Chopper supermarket
Robert Nickelsberg/Getty Images
Robert Nickelsberg/Getty Images

シリアルが大好きな方は、スーパーでの購入よりも、コストコなどでバリューパックを購入する方がいいでしょう。大体のシリアルは、輸入品であることが多く、スーパーで売られている時点では、既に高めの値段設定になっています。

もしくは、家でも簡単に作ることができるので、大量に作って、保存容器に入れて保存するのもいいかもしれません。少ない量でのシリアルの購入は、知らないうちに無駄遣いになっているかもしれません。

匂いを少なく、払うお金も少なく

Samples of laundry detergents
Nora Tam/South China Morning Post via Getty Images
Nora Tam/South China Morning Post via Getty Images

スーパーがシャンプーの価格を引き上げているように、洗剤や柔軟剤もまた少し高めの値段設定されています。最近では、消臭、殺菌、柔軟剤、洗浄など、全ての機能を一つの洗剤でこなすことのできるオールインワンの洗剤が多く販売されています。また、ジェル状のボールのような洗剤も輸入され始めています。

しかし、機能が増えれば増えるほど、値段は高くなります。柔軟剤でも、消臭効果が強ければ強いほど、高価になります。つまりは、最低限の機能の洗剤を選べば、節約できることになります。特に、強い匂い効果があるものは、皮膚のもあまりよくないので避け、ドラックストアーでの購入を検討しましょう。

プチプラコスメは、スーパーで買わないで

Clearance display in Marshalls discount department store.
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images
Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images

日本でもプチプラコスメが、毎年のように進化し、年齢層の若い女性たちを中心に勢力を高めています。もちろん、スーパーでもこれらのプチプラコスメの購入は可能です。しかし、そのほとんどが定価で販売されています。

そのため、化粧品はやはりドラックストアで買う方がいいでしょう。ここまで読み進めている人なら、もうお分かりですよね。ポイント制度と、セール頻度の違いです。スーパーに行ったついでに、化粧品コーナーに立ち寄るのはやめましょう。

スウィッファーは、どう?

Author Kelly Williams Brown celebrates Swiffer's 18th birthday
Slaven Vlasic/Getty Images
Slaven Vlasic/Getty Images

日本のクイックルワイパーのように、アメリカではSwifferが非常に重宝されています。しかし、これらは、布シートを取り替えるのに、思ったより費用がかかります。 スーパーで買うと、ドライシートの場合は、約10ドルで、ウェットタイプの場合は約20ドルかかります。

お金を節約するには、100円均一で安いクリーニングクロスを購入することです。 そして、Swifferに取り付ける前に、温かい石鹸水に浸すといいでしょう。 同じ製品でも、より低価格で、機能を最大限に発揮することが可能です。

ロテサリーチキンの購入は考えて

Signature premium brand roasted rotisserie chicken sits at a Costco store
Tim Boyle/Getty Images
Tim Boyle/Getty Images

アメリカのスーパーでは、調理されたロティサリーチキンが大人気です。すでに調理されているのにも関わらず、生の鶏肉よりも安価で売られています。 一体、このロジックの背景とは何でしょうか?The Penny Hoarderの記事によると、ロティサリーチキンは、生で売られているよりも丸ごと鶏よりもはるかに小さいサイズのものが使用されています。 それがこのシステムに隠されたの真実です。

米国農務省によると、小さいものを使用しているだけでなく、調理過程で約20%も縮小されています。 同じ記事によると、生の肉を購入して調理した方が、はるかに多くの量を食べることができます。しかし、手間を考えたらどっちもどっちかもしれません。

缶詰の商品は、セールの時に

A Japanese woman displays a canned plant shaped like a Campbell's soup can,
YOSHIKAZU TSUNO/AFP/Getty Images
YOSHIKAZU TSUNO/AFP/Getty Images

缶詰商品は、どの家庭でも日常的に使用されているでしょう。しかし、スーパーでは、物によっては高値で売られています。特に、寒い時期には、一部の店舗で缶詰スープの価格が50%以上も高くなっていると言います。 缶詰商品は、オフシーズンかセールの時のみに購入するのがいいでしょう。賞味期限も長いので問題ありません。

もし、長く待てないなら、缶詰をオンラインでまとめて買うこともいいでしょう。 アマゾンなどでは、一年中缶詰を大量に販売しています。 たとえば、キャンベルのチキンヌードルスープ4パックは、Amazonでわずか400円程で販売されています。

お惣菜コーナーは避けよう

Shoppers pack the aisles and deli counter at Cook's Fresh Market
Glenn Asakawa/The Denver Post via Getty Images
Glenn Asakawa/The Denver Post via Getty Images

スーパーのお惣菜コーナーに立ち寄るのが大好きだって人は、多いかもしれません。しかし、立ち寄る前に、自分のお腹と相談してください。何故なら、お腹が空いていると不必要に買い込んでしまうことがあるからです。

また、揚げ物などは揚げられてから時間がかなり経っています。揚げ物は、時間が経てば経つほど、余分な油として体に吸収されてしまうので、ダイエット中の人は購入しないほうがいいでしょう。また、中には自分で作ればかなり安く仕上がるものも含まれています。

ベリー類の真実

Packaged strawberries sold in Tel Aviv, Israel
Michael Jacobs/Art in All of Us/Corbis via Getty Images
Michael Jacobs/Art in All of Us/Corbis via Getty Images

アメリカの話ですが、Driscollの副社長であるValerie Lottは、ラズベリーやブラックベリーなどの「バラエティーベリー」よりもイチゴを買うことを推奨しています。 何故なら、新鮮さが失われているだけではなく、イチゴの方がグラム数単位が少しお得だからです。

もしくは、近くにファーマーズマーケットがある場合は、そこでベリーを購入する方がいいかもしれません。新鮮な朝摘みも多く、量もたくさん入っていることが多いからです。食べきれなければ冷凍にして、おやつにしても健康的です。

安い牛乳を購入したい?

An employee arranges bottles of milk at a Pyaterochka grocery store.
Artyom GeodakyanTASS via Getty Images
Artyom GeodakyanTASS via Getty Images

牛乳は、スーパーでの定番購入商品の1つです。多くの顧客が、牛乳を求めて店を訪れます。 しかし、牛乳は他の場所でも購入することが可能です。種類は豊富ではないかもしれませんが、コンビニでも購入が可能です。また賞味期限が近い場合は、割引されていることもあります。

もし、近くにコストコがある場合は、そこから牛乳を購入するのもありです。コストコは、鮮度を維持しながら、コストを削減することを保証しています。 コストコは、他の乳製品も安く販売していることが多いです。