エジプトのピラミッドの素晴らしい発見

エジプト人よりも古い、高度な文明の賜物

エジプト人が、木と縄を使ってピラミッドを建設したと信じられているものの、科学者らは正確にピラミッドがどうやって建てられたのかを未だに再現することに成功していない。これまでに明らかになっている歴史上の事実からは、エジプト人はこれほど大きく、正確にピラミッドを作れるような道具を持っていなかったと考えられる。事実、科学者らが小規模のピラミッドを再現してみせようと試みるが、毎回失敗に終わっている。

前述したように、ピラミッドは重さ2.5~15トンである岩を230万個も使って建てられたとされている。そもそも、この岩の重さに耐えられる木など存在せず、当初の計画の20年でピラミッドを完成させようとすると、作業員は2.5分ごとに1つの岩を重ねていかなければならない計算になる。こうした理由から、科学者の中には、ピラミッドは実際にはエジプト人より以前に、高度な社会によって建てられたのではないかという説を唱える人もいる。