水中遺跡の発見

古代の遺跡調査はとかく興味深い。我々のルーツや、祖先がどのような生活をしていたのかを知ることができるばかりか、遺跡の多くに至っては、「どうやってこれを作ったのだろうか?どうやってそこに運んだのだろうか?そもそもそれは可能なのだろうか?」という謎を常に残している。

我々は今も遺跡の発掘を続けているわけであるが、そもそも地球はその70%が水で覆われており、それが海であろうが、川や湖であろうが、水面下に何が眠っているかなど予測もつかない。沈没した都市や海水の上昇により失われた歴史を取り戻すことはできないかもしれないが、我々のこれまでの発見をご紹介しよう。

歴史上初の海戦跡

写真:National News and Pictures
写真:National News and Pictures

2013年、考古学者らが歴史上初めての海戦跡を発見したと報じられた。これは紀元前241年に地中海の覇権をめぐり、共和制ローマとカルタゴとの間で起きた第一次ポエニ戦争において、最後の戦いとなったシチリア島沖のエガディ海戦だと考えられている。海底から2000年以上も前の兵器や破城槌、ヘルメット、アーマー、船の破片などが数多く発見された。この海戦において、ローマ人によって50隻ほどのカルタゴの船が沈没し、1万人以上もの死者が出たと推測されている。史上初の海戦は血みどろの結末を迎えたのだった。