アリゾナ州の男性は、噂を聞いた、裏庭であるものを発見

誰だって、新居の購入は緊張もするし、良からぬ失敗はなるべく避けたい。しかし、不運なことにこのアリゾナ州の男性は、新居購入後に奇妙な噂を耳にしてしまったのだ。その奇妙な噂に、彼は振り回され、夜も寝付くことができなくなった。最終的に、彼はその噂の真実を突き止めることになるのだが・・そこあったのは、私達の想像をはるかに越える驚きの発見だったのだ。

新居の購入に安堵もつかの間

Jeffrey Greenberg/UIG via Getty Images
Jeffrey Greenberg/UIG via Getty Images

ジョン・シムスは、アリゾナ州トゥーソンの市街地近郊に、やっとの思いで新しい家を購入した。この時の彼は、決してその家に何か特別なことを期待しているわけではなく、ただ新たな生活を楽しみたいと思っていた。しかし、不運にも家に関する不穏な噂を聞いてしまった時、決して彼の生活は”ただ楽しむ”だけには行かなくなってしまったのだ。

彼は、以前の所有者から、その家の裏庭には何かが埋まっているらしいと聞いたのだ。それが何なのかは、彼らも知らないという。せっかく買った家の良からぬ噂。彼は、その事を考えれば考える程、寝つきが悪くなってしまった。そして、ついに持ち前の好奇心で、この噂の真相をどうにか突き止めようと決めたのだ。