外国から見た、日本のハロウィンの異様な光景

日本のハロウィンは、アメリカの伝統的なものとは、全く異なります。確かに、コスチュームは着るのですが、全く異なる新しいレベルへと追求したのが日本人です。お菓子をもらいに近所の家に行くことはほとんどなく、(もし、実際に行けば眉をひそめられてしまうかもしれません。)東京の街にパーティーへ繰り出す若者たちが、夜通し騒ぎ集まるのが、日本のハロウィンです。しかし、ハロウィン祝う文化は、日本でここ10年で出来たものだと言うから驚きです。ここでは、私たちから見たら考えられない日本のクレイジーなハロウィンの様子を、紹介していきます。※この文章は、英語の記事から翻訳されたものです。

日本のハロウィンは、アメリカのポップカルチャーから影響を受けている

RIE ISHII/AFP/Getty Images
RIE ISHII/AFP/Getty Images

もし、私たちがこの女性たちのコスチュームを、推測しなければいけないとしたら、おそらく彼女たちは、吸血鬼の芸者になっているのでしょう。着物を羽織り、牙をつけ、目の周りに蜘蛛の巣を書くことで、日本独自の文化とアメリカのハロウィンの要素を組み合わせています。しかし、スパイダーマンのお面を覆っている意味は、全くわかりません。

日本のハロウィンの事実その1: 日本でハロウィンが祝われるようになったのはごく最近です。2009年、日本では誰もハロウィンを祝いごとだと認めず、外国独特の文化という認識でした。しかし、アメリカのポップカルチャーによって、日本の若者の間でもハロウィンがイベントとして人気が出たのです。