お家で学ぶ仕事場で評価をあげる方法20選

フルタイムの仕事をしているのであれば、同じ人達と週40時間を一緒に過ごしている可能性が高いはずです。オフィスの大きさに関係なく、自分の生活の中の人達より顔を合わせる同僚もたくさんいるでしょう。仕事場という環境で人とそれだけたくさんの時間を過ごしているのであれば、自分の評判は重要なのではないでしょうか?自分の上司や同僚と良い関係を築くことは、仕事において重要です。キャリアアップにつながりますし、オフィスをみんなにとって過ごしやすい場所にすることができます。それでは、仕事場での評判をアップさせる20つのコツをご紹介しましょう。

適切な服装

見た目は最も重要なことではないですが、オフィスという環境においては無視できない項目です。仕事場で適切な服装をすることで、「精神的に意識をして、オフィスに来る前に準備に時間をかけた」、ということを示すことができます。

Photo Credit: Craig F. Walker/The Denver Post via Getty Images
Photo Credit: Craig F. Walker/The Denver Post via Getty Images

シャワーを浴びて適切な服装を身につけている人は、出かけに適当なスウェットとビーサンを履いてくる人よりも見栄えがいいですよね。もし企業の文化に合わないような洋服を頻繁に着ているようであれば、見た目や同僚の努力に無頓着な人だという風にうつってしまいます。

言葉に気を付ける

同僚に慣れてくると、言葉遣いがカジュアルになってきてしまうかもしれません。仕事の質問をする代わりに、大学時代の栄光の日々や週末にしたことばかり話すようになったらどうでしょうか。このようなカジュアルな会話をして、つい失礼な言葉や冗談を言ってしまうかもしれません。

Photo Credit: ERIC FEFERBERG/AFP/Getty Images
Photo Credit: ERIC FEFERBERG/AFP/Getty Images

失礼な言葉や異常にカジュアルな会話をよしとするかは企業文化に寄りますが、ほとんどの場合試してみない方が良いでしょう。『CareerBuilder.com』によれば、81%の会社員が失礼な言葉(罵り言葉など)によって「その人のプロ意識を疑いたくなる」と答えています。仕事場でプロらしい言葉遣いを保つことに、損は一切ありません。

質問をする

質問をすることで、本気で仕事やパフォーマンスを気にしていると、同僚や上司にアピールすることができます。これによって、学びたいという気持ちがある、すべてがきちんと行われているようにケアしているということを示すことができます。

Photo Credit: Robert Nickelsberg/Getty Images
Photo Credit: Robert Nickelsberg/Getty Images

質問をすることは気が引けてしまうかもしれません。しかし、恐れずに質問をすることでみなさんの人柄が現れます。質問が馬鹿らしいかもと思えても、聞いてみましょう。学んで正しいやり方で仕事をする方が、質問をせずに間違った方法で行うよりも好ましいです。

同僚の名前を憶える

1、2回会っただけで名前を覚えてもらえたら、気持ちがいいですよね。これによって、その人は自分の言ったことを注意して聞いて、次に会う時のために名前を覚えようと努力してくれたことがわかります。新しい職場や大きなオフィスに限らず、同僚の名前を憶えることは、すぐに気づいてもらえますしありがたがられます。

Photo Credit: Hyoung Chang/The Denver Post via Getty Images
Photo Credit: Hyoung Chang/The Denver Post via Getty Images

こうすることで、あなたが相手を個として尊重していて、相手のことや相手の話すことを真摯に思いやっていることを示します。名前を覚えていることで、オフィスでの気まずいシチュエーションも避けることができるかもしれません。

他人の仕事ぶりを讃える

仕事で認められることはキャリアにおいて重要ですが、同僚の仕事ぶりを認めることも同じくらい重要です。同僚が全部を自分の手柄にして、他人を先んじようとすることほどイラつくことはあまりないですよね?

Photo Credit: John Patriquin/Portland Press Herald via Getty Images
Photo Credit: John Patriquin/Portland Press Herald via Getty Images

こうすることで、自分はチームプレイヤーではないという印象を与え、誰も一緒に働きたいとは思ってくれなくなります。しかし、他人の手柄を讃えると言っても、上から目線になったり、異常に褒めたたえたりする必要はありません。シンプルに必要な時に丁度いい具合に讃えると、相手は喜びます。

オフィスゴシップは避ける

友達同士、家族、仕事場でも、ゴシップはつきまといます。オフィスのゴシップに参加したいという衝動に駆られることはあるかもしれませんが、一切避けたほうが無難です。オフィスのゴシップを流すような人には、メリットがありません。この人にはオープンになりづらいと思われたり、信頼できない人、敬う気持ちのない人という風に見られたりしてしまいます。

Photo Credit: Paul Walters Worldwide Photography Ltd./Heritage Images/Getty Image
Photo Credit: Paul Walters Worldwide Photography Ltd./Heritage Images/Getty Image

ゴシップは、どんなシチュエーションであってもメリットがありません。しかし、仕事場などのプロフェッショナルな環境では、より気を付ける必要があります。もし昇進が近いのであれば、ゴシップに関わったと上司に知れた瞬間に考え直されてしまう可能性があります。他人に対する配慮に欠けており、子どもっぽいふるまいをする傾向にあると写ってしまうからです。

時間に正確に

仕事で時間に正確にいることは、仕事での評判をあげるのに重要な部分です。遅刻してきたり、ギリギリで現れたりしたら、仕事のことを真剣に考えているとは思ってもらえません。数分早く現れることで、仕事をする準備ができており、時間に正確でいるようタイムマネージメントが出来ているという印象を与えます。時間通りに仕事に行くことで、企業の時間を大切にしている、約束は守るということも示すことができます。

Photo Credit: Christian Vierig/Getty Images
Photo Credit: Christian Vierig/Getty Images

ミーティング、ランチの約束、様々な仕事関連において、同じルールが当て余ります。常に早めに到着して、準備をしておきましょう。

他の人のアイディアにはオープンに

アイディアを出して、他人の考えに耳を傾けることは、どんな仕事においても重要なことです。別の意味でどちらも大切なんです。他人の考えには、オープンでいましょう。常に他人のアイディアを却下していたら、他の人はあまり共有しなくなり、「仕切り屋」、「ネガティブ」などの印象を与えます。

Photo Credit: Jack Milton/Portland Press Herald via Getty Images
Photo Credit: Jack Milton/Portland Press Herald via Getty Images

他人に耳を傾けてその意見に関して質問しようと目に見えた努力すると、相手の言っていることを尊重しているという証明になります。誰かの意見に同意しなくても、妥協したり効果的にコミュニケーションをとったりすることが重要です。

プロらしく自分を表現

自分の言葉に気を付けるという点同様、プロらしく自分の意見を表明することも同様に大切です。自分の意見や考えを表現する際には、はっきり表明することが不可欠です。つまり、「えー」、「その」のような曖昧な表現を避けて、出来るだけ要点を直接的に伝えるように賢く言葉を選んでください。どもってしまったり、自分の考えをはっきり表現できなかったりすることで、自信のなさや話していることへの知識の欠落が浮き彫りになります。

Photo Credit: JEFF PACHOUD/AFP/Getty Images
Photo Credit: JEFF PACHOUD/AFP/Getty Images

これは、典型的なオフィスでの会話でもありません。プレゼンや人前で話すことを担当しているのであれば、事前に練習して準備しておきましょう。こうすることで、時が来た時にゆったりと構えて自信を持っていることができます。

体調が悪いのに仕事に来る

体調が悪い時、家から仕事をしたり休んだりすることは、恥ずべきことではありません。体調が悪い時にオフィスで仕事をすると、どれも中途半端になって、時間とエネルギーの無駄遣いになります。さらに、オフィスの人達は病気の人の傍にいたいとは思わないでしょう。みなさん、体調がよくなるまで家にいてもらった方が良いと思っているはずです。

Photo Credit: Wodicka/ullstein bild via Getty Images
Photo Credit: Wodicka/ullstein bild via Getty Images

鼻をすすったり咳をしたりする音を聞かなくて済みますし、自分自身が病気にかかってしまう可能性も下げることができるからです。体調がすぐれない時は、同僚のスペースと健康を尊重しましょう。

Eメールを管理

コミュニケーションは、きちんと機能しているオフィスでは欠かせない役割を果たしています。今日、コミュニケーションのために、Eメールや様々な他のオンラインメッセージプラットフォームが使用されています。顔を突き合わせたコミュニケーションほど効果的ではないかもしれませんが、同じくらい重要視されているため欠かせません。

Photo Credit: Jaap Arriens/NurPhoto via Getty Images
Photo Credit: Jaap Arriens/NurPhoto via Getty Images

時間が勝負の内容に関してはすぐさま返信して、気を付けておくべき新しいメッセージがないか頻繁にチェックしましょう。基本的な重要ルールは、すべてのメールに24時間以内に返信して、今返答できない場合は無視するのではなくその旨を相手に伝えてください。

他人の手助けをする

仕事で助けを求めることは重要ですが、他人に手を差し伸べることも有意義です。仕事関連であってもなくても、同僚を助けることで相手は大事にされていると感じ、オフィスでただ隣に座っているだけの存在ではないということを伝えられます。これは、個人的なレベルで同僚をより良く知る機会です。さらに、こうすることでオフィスの士気をあげて仲間意識を育てます。

Photo Credit: Sean Gallup/Getty Images
Photo Credit: Sean Gallup/Getty Images

プロジェクトで手を貸したり、ポジティブなフィードバックを返したり、仕事のあとに車で送ったり、このような行為は誰にとってもメリットがあり、オフィスをより快適に感じさせてくれます。

机をきれいに保つ

机の状態は、車や家の中のようにその人の性格を浮き彫りにします。整とんされていないデスクによって整とんされていない思考、これを毎日目にする他人への敬意の欠落が暗示されてしまいます。整とんされたきれいなデスクを保つことで、自分の仕事やオフィスの人たちの意見を配慮していることを示せます。

Photo Credit: Fairfax Media/Fairfax Media via Getty Images
Photo Credit: Fairfax Media/Fairfax Media via Getty Images

プロらしい見た目のデスクを保つためには、紙やら仕事で必要なアイテムやら、置く場所を決めておくことが不可欠です。また、必要なものすべてを手の届く範囲に置いておきましょう。こうすることで簡単にアクセスが可能になり、必要な時にすぐ見つけることができます。

スマホの使用に気を付ける

多くのオフィスはスマホの使用に関して厳しくありませんが、不適切でプロ意識に欠けるレベルというものはあります。実際のコミュニケーションに使用しているのか、退屈だからスマホをいじっているのか、判断するのは難しくありません。

Photo Credit: Eddie Gerald/Getty Images
Photo Credit: Eddie Gerald/Getty Images

仕事をするのではなく明らかに携帯を見ていたら、仕事よりもソーシャルメディアの内容が気になっているように映ってしまいますよね。上司や同僚にこのようには見られたくはないはずです。スマホはバッグかポケットに入れておきましょう。これで、習慣から使いたくなってしまうことを防げます。

締め切りを守る

締め切りを守れなかったり仕事をきちんとできたりしないような人を、雇う意味はないですよね。締め切りに間に合わせることは、職場での評判をあげることも下げることもできます。さらに仕事場でのあなたのパフォーマンスは、同僚や上司との関係にも影響します。

Photo Credit: Carmen Jaspersen/picture alliance via Getty Images
Photo Credit: Carmen Jaspersen/picture alliance via Getty Images

同僚は、だらしない人とつるんでいると思われたくありません。それに、上司もあなたの会社での立場を考え直し始めるでしょう。常に締め切りを守れるようにするために、早めに取り組んで、質問をすることを恐れないようにしてください。

文句ばかり言わない

文句たらたらな人が好きな人はいません。人生の事実です。仕事でトラブルを抱えていたり、何かに納得できなかったりするのであれば、文句を言っても解決しません。文句を言ったり愚痴をこぼしたりすることですっきりするかもしれませんが、人間関係を悪化させます。文句ばかり言う人、とレッテルを張られてしまうかもしれません。

Photo Credit: Wodicka/ullstein bild via Getty Images
Photo Credit: Wodicka/ullstein bild via Getty Images

過去に固執して、大人らしい問題の解決策を考えつけない人、という風には見られたくないですよね。そうでなければ、仕事場の人達から「挑戦に耐えられない無能な人」と見られたり、「すべてに文句を言いたいヤツ」と思われたりしてしまいます。

ボディーランゲージからわかること

仕事に対してどう思っているかをはっきり示してしまうふるまいと言えば、ボディーランゲージです。きちんとした姿勢で座って、集中している様子であれば、周りの人は一生懸命働いていると思います。足をあげていたり、椅子にもたれかかっていたり、興味がなさそうにしていたら、あなたが飽きていて別の場所にいれたらなぁと願っていることは明白です。

Photo Credit: Aaron Ontiveroz/The Denver Post via Getty Images
Photo Credit: Aaron Ontiveroz/The Denver Post via Getty Images

一国の女王のような姿勢を保つ必要はないですが、ボディーランゲージを意識しているか、完全に諦めているかは明確に現れます。ちょっとした努力は大きな力を発揮します。誰が背をのばして座っていて、誰がデスクで居眠りをしているか、上司は見ているものです。

感謝を示す

多くの人はオフィスを去る際に上司にお礼を言うことなどはないと思いますが、感謝の伝え方は他にもあります。出来る限り最高の仕事をすることも、感謝を伝える方法です。こうすることで、上司とあなたの評価が上がります。効率的に正しく仕事を行い、敬意をもって、文句を言わずに、チームプレーヤーになりましょう。

Photo Credit: Sergei FadeichevTASS via Getty Images
Photo Credit: Sergei FadeichevTASS via Getty Images

上司は、仕事中のふるまいや行った仕事を見て部下たちの感謝を感じ取っています。さらに、カリフォルニア大学デービス校の心理学教授のロバート・エモンズさんは、感謝を示すことが人間関係をコントロール・強化するということを証明しています。

期待を超える

時間通りに仕事を終えてよい結果を残すことは、評判をよくする素晴らしい方法です。しかし、上司や他人の期待を超えられるとさらに良いでしょう。出来るだけ一生懸命働いて、質の高い成果を出すことは、上司を感心させる絶好の機会です。

Photo Credit: Matt McClain for The Washington Post via Getty Images
Photo Credit: Matt McClain for The Washington Post via Getty Images

また、こうすることでより大きな責任や昇進の準備ができていることを証明できるかもしれません。常にこの状態を保つことで自分の価値を見せつけて、上層部や同僚から重宝されるようになるでしょう。

熱意を見せる

時間通りにオフィスに着いて、きちんとした服装を身につけて、一生懸命働いて、結果をだしても、熱意がなければ最高の状態とは言えません。オフィスで一番の従業員なのに、一日中みじめそうにしていたら、周りの人は気づきます。一番良い姿勢を持つことは一番の従業員になることと同じくらい大切です。

Photo Credit: Lucas Schifres/Getty Images
Photo Credit: Lucas Schifres/Getty Images

人はこういったことに気づいてありがたく思ってくれるはずです。オフィスの士気をあげて、あなたが質問を受けてみんなとコミュニケーションをする人になってください。仕事に情熱をみつけられたら、自分自身もオフィスの周りの人も幸せになれます。